折原みと『乙女の花束』

乙女の花束 (ポプラ文庫ピュアフル)

スポンサーリンク

まさに王道。

本屋で
「鎌倉」「乙女」「レトロ」が好きな方はぜひ。
というポップを見かけて購入。

世界観もレトロですが展開もレトロ。
2~30年前の作品のような印象を受けました。
昔の漫画や小説はあまり読まないのであくまで想像ですが…
一応、舞台は現在のはずなのですが、現在だと実感する部分はほぼ無いです。

内容も本当に王道。
これでもかという位に王道。

一見お嬢様学校に似つかわしくない素朴な主人公が、実はやんごとなき家柄だった。
家柄を気にするお嬢様の嫉妬による虐め。
主人公と友人との熱い友情。
家族にまつわる出来事。(両親の離婚)
素敵なお姉さまが実は…。
実はみんな良い人。

この手の作品にとって王道な要素が詰め込めるだけ詰め込んであります。
文庫本にしては分厚いですが、
詰め込んである分だけ一つ一つの内容は重くないです。
いい意味で解釈すればサラッと読めるとおもいます。

正直に言うなら印象に残りづらいです。
昔ながらのコテコテな王道が好きな方にはお勧めですが、
最近のレトロな雰囲気がする作品(有名所だと「マリア様がみてる」とか)が好きな方にはあまり合わないかもしれません。

スポンサーリンク

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN