私の少年(1) (アクションコミックス(月刊アクション))

きらきらして美しい。高野ひと深の『私の少年』

社会人になってから代わり映えのない日々を送っていませんか?
仕事や私生活で多少イレギュラーな出来事はあるとはいえ、若い頃の“きらきらした毎日”というものを、今も同じように感じている人はごく少数だと思います。

大人になってしまったと言えばそれまでですが、ときどき昔を思い出して少し寂しい気持ちになりますよね……

そんな、あなたに朗報です。

「す」のつく言葉で言ってくれ』が代表作の、高野ひと深さんの新作『私の少年』は、大人になって忘れてしまった”きらきら”を思い出させてくれます。

スポンサーリンク

オネショタ漫画……?

この作品はいわゆる『オネショタ』というジャンル。
有名なところだと、小川彌生さんの『きみはペット』が真っ先に思い浮かぶでしょうか。
年上のお姉さんと年下の男子による、歳の離れた恋愛ですね。

スポーツメーカーに勤める30歳、多和田聡子は夜の公園で12歳の美しい少年、早見真修と出会う。
元恋人からの残酷な仕打ち、家族の高圧と無関心。
それぞれが抱える孤独に触れた二人は互いを必要なものと感じていく。
この感情は母性? それとも――。

第一巻では30歳OLの多和田聡子と、12歳の美少年・早見真修の出会いから仲良くなるまでが描かれています。
あらすじでも書かれているように、現段階ではお互いに恋愛感情を持っている訳ではないため、正確にはオネショタではないのかもしれません。
しかし、年上のお姉さんが美人で、年下の男の子が美少年であれば、オネショタというジャンルが好きな人はきっと楽しめるはずです……!

また、表紙やこちらの特設サイトを見ていただければお分かりかと思いますが、絵柄がとても美しいです。

この美しい絵柄で、小学生男子の純粋無垢な姿が描かれる……最高ですね!

スポンサーリンク

大人目線だからこそ楽しめる

この作品がきらきらしてみえるのは、主人公が大人だからだと思います。

年齢的に主人公側に共感してしまうと言ってしまえばそれまでなのですが、若い頃を思い出してノスタルジーに浸るというよりは、現在の自分と近い年齢から純粋な美少年を眺める……

少女漫画をはじめとする”若い世代同士の青春”とはまた違った趣きがありますね。

大人目線で少年の若さや無邪気さを見るからことそ、作品自体が一層きらきらして見えるのではないでしょうか。とても眩しい作品です。

ただ、第一巻はあくまで雰囲気重視の導入部分。
これから今巻で少しだけ触れられていた各々の抱えている謎や秘密が明らかになっていく気がします。
第二巻は12月に発売予定……
首を長くして待とうと思います。

スポンサーリンク

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN