たったひとつの、ねがい。 (メディアワークス文庫)

入間人間『たったひとつの、ねがい』

スポンサーリンク

久しぶりの入間さん。

と書くと語弊がありますが、
「みーまーシリーズ」から入間さんを知り、同シリーズが大好きだった自分にとってはこの印象がずばりでした。
暗くてグロいです。
幸せな部分は殆どありませんでした。
表紙とタイトルで購入された方や、みーまーシリーズは未読で入間さんの作品に入った方はキツいかもしれないです。
個人的には大好きな感じでした。
物語自体の内容が逆転してしまうほどの最終章も久しぶり。
あとがきに『「シンプルな復讐モノ読みたいから書いて」と言われたので、書いてみた。』
とありました。
どういう思考回路なんでしょう。(もちろん良い意味で)

スポンサーリンク

叙述トリック

上でも触れましたが、
全体を通して巧みな描写が沢山あります。
序章の幸せなムードから一転しての救いようのない描写から始まり、
中盤にある叙述トリック(?)
そして、最後のどんでん返し。
すごく面白いです。
読みやすい文章な分、なんとなく読み進めてしまうと衝撃を受ける結果に。

手に取る前に

こちらも先に述べましたが、かなりの表紙詐欺です。
あらすじも合っていますが正しくないです。
苦手な方は本当に苦手だと思います。
特に残酷描写がダメな方は、表紙の雰囲気が好きでも止めておいたほうが良いと思います。
そうではない方はぜひどうぞ。

スポンサーリンク

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN