残念過ぎるイケメン、桜田雛の『太郎くんは歪んでる ~ただ、愛しすぎてしまっただけなんだ~』

太郎くんは歪んでる ~ただ、愛しすぎてしまっただけなんだ~ (フラワーコミックス)

以前発売された同作者の単行本”太郎君は歪んでる”からのスピンオフ。
“太郎くんは歪んでる”のその後が描かれています。
桜田雛さんは、ここ最近”金魚の糞”や”花街鬼”と真面目でシリアスな話が多かったため、気兼ねなく読める漫画は久しぶりです。

スポンサーリンク

feedlyへのリンク

残念すぎるイケメン

以前の”太郎くんは歪んでる”でも、本編・巻末の描き下ろしから、太郎くんの残念さはひしひしと感じ取れましたが、今作は更にアクセルが踏まれています。全開です。

巷では”残念なイケメン”という言葉があり、そのようなキャラクターは憎めない愛されるポジションにいることが多いですが、今作の太郎くんは、そんな残念なイケメンとは一線を画します。
イケメンは、その顔だけですることなすこと全て許されてしまうという設定なのが世の中の常ですが、そんな生ぬるいことは言っていられないレベルの変態
変態紳士とかそういうレベルじゃない。もっとこう純粋な気持ち悪さに振り切ってしまった感じ。
これに憧れる”Cheeseフラワーコミックス”読者層がいたらぜひお話をお聞きしたいです。

前作では、”変態でもかっこいい”という雰囲気がありましたが、今作に関して言えばかっこいいところがひとつもないレベル…
桜田雛さんの描く男子だから顔はイケメンなはずなのにどうしてこうなった…

スポンサーリンク

akanesus.com

でも、面白い

ここまで散々な太郎くんdisをかましてきましたが、
漫画はすごく面白いです。本当です。

ただ、その面白さが少女漫画ならではの面白さなのかと聞かれると非常に難しいところ。
個人的には、中学生が好みそうな少し卑猥なギャグ漫画という立ち位置を推したいです。
少女漫画の”ときめき”やら”きらきら”やらの華やかな言葉を全て投げ捨てて、下ネタとギャグに特化してしまった感じです。
そして、それが最高にくだらなくて面白い。
少女漫画(出版社的に)を読んでここまで笑ったのは久しぶりな気がします。

また、前作では戸惑ってばかりだった主人公(ヒロイン)の”泉”が、段々と冷静なツッコミ役になっているところも非常に素敵でした。

誰も知らない部屋

という短編が、今作の最後四分の一くらいから収録されています。
冒頭のシリアスな雰囲気から、登場人物の二人が徐々に心を通わせていく様子、そして最後の衝撃の展開。
それら全てが、太郎くんによって記憶に残らなくなります
わりと感動する良い話だったという漠然とした記憶はあるのですが、どうしても細部が思い出せない。
これだけは、この漫画の悪い点だと思います。
どうしてこの二つを同じ単行本に収録してしまったのか…

“金魚の糞”のようなシリアスな作品から、今作のようなギャグ要素の強いものまでカバーする桜田雛さん。
次回はどんな作品になるのでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク

1巻完結の漫画を集めました。

About Author

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN