生者の行進 (ハヤカワ文庫JA)

石野晶『生者の行進』

前回に引き続きハヤカワ文庫。
青春恋愛モノかと思いきやミステリでした。

前半は単純な恋愛物の雰囲気で読んでいましたが、
後半に進むにしたがってどんどんミステリ色が強くなっていきます。

高校生が主人公なので学園ミステリ系の軽めの内容を想像しがちですが、
内容もしっかりとドロドロしています。

前半の恋愛部分も、しっかりと切ない感じで、
後半のミステリ部分もしっかりと暗い。
かなり内容の濃い小説でした。
伏線や最後に明らかになる全体像も綺麗で、最後まで読めば理解できると思います。

各章ごとに隼人と冬子の視点が入れ替わっていく形式です。
小説の題名からリレー形式なのかなと思いましたが、そんなことはなかったです。

スポンサーリンク

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN