百合でも下ネタでもない…SFだ。ふみふみこ『さくらの園 1巻』

さくらの園 1 (少年チャンピオン・コミックス・タップ!)

「女の穴」で注目を集め、「ぼくらのへんたい」「めめんと森」「人工精霊タルパちゃん」と、男性誌・女性誌、雑誌・WEB、媒体の垣根を軽やかに越えて作品を発表し続ける話題の作家・ふみふみこ。
そんな彼女がChampionタップ!で新たに紡ぐのは、女子中学生・さくらと学友達の恋模様を描くゆるふわSFストーリー。
やわらかな描線でセクシュアリティの規範を揺さぶる、ふみふみこの世界に是非だだハマりしてほしい。

先日”めめんと森“について書いたばかりな気もしますが、今回もふみふみこさんの新刊です。
女の子たちが表紙を飾っていて”さくらのその”という単語を聞いたら”櫻の園”を連想される人は多いと思います。数年前に今をときめく女優”杏”さんが主演で再映画化されましたね。
花も恥じらう女子中学生たちの物語…
タイトルと表紙の可愛らしい女の子たちから、そのような物語を想像してしまっても誰も私を責められません。

スポンサーリンク

feedlyへのリンク

ち○こって知ってる?

思わず伏せ字にしてしまいましたが、物語が始まって二ページめのオオゴマで主人公のさくらが目を輝かせながらこの言葉を口にします。
もちろん伏せ字はありません。
図書室で見つけた官能小説からち○こに興味を抱いて友人に相談するところから物語は始まります。

まさかの下ネタ漫画だと…
ふみふみこさんがこの手の作風とは珍しい…

しかし、登場人物は女子中学生という性に興味津々なお年頃…
下ネタに興味を持つというのは現実世界では当たり前のことで、
これはそういう女子中学生たちのコメディー漫画なのだろう。。。
開始数ページでそう思ってしまっても誰も私を責められません。

スポンサーリンク

akanesus.com

百合≠下ネタ≠SF

しかし、私のこの予想は、物語が進むにつれてまたもや覆されます。

  • 作中に描かれる不思議な景色や生き物
  • 四人の女の子と先生しかいない世界
  • 性について知識がなさすぎる登場人物たち
  • 先生以外に登場しない大人
  • “死ぬこと”は喜ばしいことだという考え
  • 番人という謎の存在

…なんだ雲行きが怪しくなってきました。

そんな不思議な世界観のなか、主人公たちが通っている中学校に”リズ”が転校してきます。
私たちの世界の常識を知っているリズは、当然のように主人公たちや学校に疑問を抱くものの、ここでの生活の楽しさから波風を立てず黙っていようとします。

しかし、同級生の死を経て、リズはここの生活の”おかしさ”と闘う覚悟を決め、主人公も”死とは悲しいもの”だということに気づき、リズに教えを請います。


まだ一巻だということもあり、物語はあくまで序章。
数々の謎を残したまま次巻に続きます。
一巻を読んだだけでは何が何やらという状態です。
現段階で感想らしい感想が書けないというのが正直なところ…
わけのわからなさに関しては同作者の”そらいろのカニ”にひけをとりません。

しかし、現状でも面白いことは間違いないです。
まさか、百合ものだと思って購入した漫画でこんなにも続きが気になるSFが読めるとは思ってもいませんでした。いい意味で裏切られた気持ちです。
次巻が楽しみで仕方ない!!

タイトルから百合作品だと思って購入を迷っている人へ。

百合要素もありますよ!!淡い恋心とかありますよ!!
ただ、これからどうなるかは分かりませんよ!!
ネタバレになるので詳しくは言えませんが…

ガッチガチな百合漫画以外は読めない人以外はぜひ手に取ってみることを強くおすすめします。

スポンサーリンク

1巻完結の漫画を集めました。

About Author

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN