幾原邦彦・高橋慶 / 輪るピングドラム

輪るピングドラム 上

生存戦略、しましょうか。

輪るピングドラムの小説版が下巻がやっとのこと発売されました。長かった…

基本的なストーリーはアニメと同様ですが、アニメだけでは理解しづらかった点や、深く描かれていなかった箇所が補強されていて、アニメを補完するにはよい小説だというのが率直な感想。
アニメだけで充分な理解ができた方や、特に疑問を持たなかった人は読まなくても全く問題ないと思います。

サブキャラの心理描写や、とんとん拍子で進んでいったシーンが詳細に書かれていて分かり易かったです。
アニメでは割とサクッと描かれていて、”いきなり突拍子もない行動をとるな!!”と思っていた眞悧・多蕗・ゆりの行動の背景が理解できたのが自分にとっては一番の収穫。

ただ、もともと概念的なものだったものについては、あくまでも概念のまま。
具体的な描写がある訳ではなかったです。

“子供ブロイラー”をはじめ、アニメの最終話の抽象的なシーンなどは演出ではなく、アニメのままの設定みたいです。何かの隠喩だと思っていました。

小説自体も読みやすく、ページ数の割に時間を掛けずに読めるのではないかと思います。
しかし、読み終わった後にもう一度アニメを見直さなければいけない気持ちになるので、読書時間+アニメの視聴時間を見積もっておいた方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

1巻完結の漫画を集めました。

関連キーワード

About Author

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN