ヤマシタトモコ / くうのむところにたべるとこ

くうのむところにたべるとこ (マーガレットコミックス)

焼肉をはさんで女がふたり。生ハムを前に男は妄想。糠に手を入れ、女が思う。恋を知らない者にはソーセージの奇跡を。
鬼才・ヤマシタトモコが贈る、恋と食欲を謳うオムニバス!

マーガレットコミックスから発売されたヤマシタトモコさんの新刊。
初版限定のベーコン帯がとても可愛いです。

スポンサーリンク

feedlyへのリンク

ヤマシタトコモ流『食マンガ』

タイトルからも分かるように、”食”に焦点を置いた漫画です。
ここ数年、書店でよく見かける食マンガ。
有名どころを挙げるなら”いつかティファニーで朝食を”や”にがくてあまい”、”きのう何食べた?”などでしょうか。

だいたいの食(料理)を扱った漫画は、”ストーリ+料理のレシピ(もしくはお店の紹介)”で構成されているものがほとんどだと思うんです。
そのほうが読んでいてためになった気がしますし、レシピ通りに料理してみようかなという気持ちになります。実際に料理するかは別として…

しかし、今回の”くうのむところにたべるとこ”は、食についての要素が少ないです。
テーマにはなっていますが、掘り下げてはいません。
レシピやお店の紹介はおろか、逆にプロシュットで人を殴る妄想など、食べ物が大好きな人にとっては冒涜ともとれるのではないかという描写もあります。
おすすめのお店や、素敵なレシピを期待して読まれる方はたいそうガッカリすることでしょう。

しかし、巷に溢れている食マンガではないということを念頭に置いて読み始めれば間違いなく素敵な漫画です。
短篇集で話数も多いので、内容を詳細に説明することはできないのですが、
今まで出版されているヤマシタトコモさんの短篇集の料理版と考えていただければ間違いないかと思います。

スポンサーリンク

akanesus.com

ぎりぎりいそう

さて、上で”いつものヤマシタトモコさんの料理版”と書きましたが、
平常通り、今回も個性豊かな登場人物がたくさん登場します。
初っ端のビアンカップルに始まり、妄想癖のあるスーシェフや、ホテルのバーでかまし合う老夫婦など…詰め込みすぎでしょうと思うほど盛りだくさんです。
しかし、驚きなのは、全ての登場人物が個性豊かなのに常識を逸していないこと。
個性豊かなのに、”周りにこんな人いるな”と思わせたり”こんなような妄想をしたことがあるな”と恥ずかしくなるようなぎりぎりなラインを攻めてきます。
この辺りのやり過ぎない非現実感は流石です。

そして、主要な登場人物以外(モブの人たち)がまさに一般人。
意味がよく分からないかと思いますが、自分がこの場にいたらモブの人たちと同じようなリアクションをしてしまうだろうというデフォルト感があります。
このあたりの強弱が、更に主要な人物の個性を目立たせているのでしょうか。

そんな”個性豊かな登場人物たちを料理する”漫画。
普通の食マンガに飽食気味の方は手にとってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

1巻完結の漫画を集めました。

About Author

関東でデザイナーをしています。 サイト制作・装丁等のご依頼等ございましたらお気軽にご連絡ください。   Site:akanesus.com   Twitter:TakemitsuaN